【以前の現場】築40年の1DKリノベーションしていました

年末から、ずーっと雑用や仕事などで、ブログ放置していました。頭の隅にはあったのですが、今度書こうと思いつつ半年経ってしまいました。

スポーツクラブに行かなくなるパターン状態ですね。

では早速、物件の案内からです。

物件概要、現況

場所は天神の親不孝通りです、昔バブルの頃は毎晩のように、この辺りで飲み歩いていたのを思い出す場所です。

物件名はスコーレ第二天神です号数は控えます。

他サイトで見ると1978年築です。

間取りはよくある1DKタイプで20平米前後程ですね。

現況はこのような感じです。

うーん、このくらいの年数は現調してるとゾクゾクします、どうしようかとか、ここは壊すか?いや一旦スケルトンにして間取りを替えるか?などいろいろ妄想します。

施工内容、仕上がりはどうする?

今回のお客様は日本の方では無いので、用途や仕様など最初は噛み合わないまま、全部言われるのでとりあえず190万位で見積してみました。

間取り的にはこのまま1DKでユニットバス、キッチンなどすべて新調で見てみます。

何回か書き換えたので自分でもどれかわからなくなったのですがこのような感じで

結局80万の施工費でお任せメニューとなりました。

スコーレ第二天神000号施工開始!

いつもの如く解体中などの写真は撮り忘れてしまいました笑

お任せなのでプランとしては、とりあえず和室を洋室にして、間取りはそのまま、ダサい引き違いは今風のを付けて後は内装メインで行こうかと思っています!

さあどうなるのやら!

築古の物件は、解体すると大体がなんだーコレはが絶対あるのですがここもです。

上の画像で見ると斜線の部分は一見するとベニアですが、ベニアの下はガッツリ60〜70ミリ程のモルタル仕上げにベニア貼りと言うよくわからない下地

解体中ふとしたことで崩れて、急遽ハツリ工事、挙句に壁面も組み直して造作するハメに、今回は木工事は極力抑えめに考えているのですが、反対の袖壁も同じく作り直し。

木下地工事、和室を洋室に変更

床は根太を組んでベニア貼って床下地完成、壁も同じく下地組んでボード貼ります。

やりだすと面白くなるので、このままのボードも貼ります。

続きは後編に書きます

以前の途中からの続編です。 今回の基地の様子です 塗装 今回は木部(廻縁、巾木、枠等)は全塗装仕上げの予定です。 ...